腰に気をつけよう

腹筋の正しいフォーム

fruit juice

男性も女性も30代ぐらいになると、 お腹まわりに脂肪がつき始めてしまい、 なんとか脂肪を落とそうと腹筋運動でダイエット効果を狙っている人がいますが、 腹筋のトレーニングはしっかりとネットや本で入念な下調べをしないと、 お腹の脂肪を落とすことは難しいです。 なぜなら腹筋運動の正しいフォームはお腹の筋肉いわゆる 腹筋運動だけを使って行なうものだからです。 しかし大抵の30代のダイエット初心者が行なう腹筋のトレーニングは、 腕や肩の筋肉を使ったり、反動で上げたりするものが多くあり、 腹筋にかかる負荷が小さなくなりダイエットどころか、 ただの作業になってしまいがちです。 腹筋の正しい方法はお腹の筋肉だけを使い、 ゆっくりと真上を見ながら腹筋する方法こそが本当の正しいフォームです。 腹筋を何百回もしたとか言う自慢話を男女問わず30代の社会人が、 宴会の話になり「すごーい」という話で盛り上がっていますが、 ダイエットの知識がしっかりある人間から言わせてみれば、 鼻で笑われる程度の話だということになるのです。

脂肪を落とすことが大事

正しい腹筋運動を日課にすることは当然だとして、 お腹を凹ますためにはお腹まわりの脂肪も落とさなければいけません。 なぜならお腹まわりの脂肪はもっともつきやすく、 お腹の筋肉を鍛えるだけでは脂肪を燃焼させることにはならないのです。 特に30代は日頃運動をしている人でも早い人で老化を感じる年頃なので、 急に代謝が落ちてしまい太りやすくなってしまいます。 そして太る部分は先ほど申し上げましたとおり、お腹の脂肪からになります。 お腹の脂肪を落とすためには有酸素運動も必要ですが、 一番効果的なダイエットは食事の量を減らすことです。 代謝が落ちてしていますから若い時と同じぐらいたくさんの量を食べてしまうと、 当然太ってしまいます。 そうならないためにもご自身の基礎代謝以内に抑えるように、 食べ物の摂取量を制限する必要があります。 基礎代謝量の測り方は電気屋で電子体重計が売られているので、 それを購入してご自身の基礎代謝量を測った上で食べる量を調節する目安にしてください